EVパワー・チャージ・ポイントシステム

パ・チャ・ポとは

電気自動車の普及に必要な充電スタンド。
しかし、運用・管理・課金システムには課題が・・・

集合住宅、店舗、コインパーキング……。設置場所によって異なる運用・管理方法をどうするか、利用者に対する課金・請求業務を誰がおこなうのか。こういった現実的な問題が、EV充電スタンド、及び電気自動車の普及を妨げる要因の一つとなっていました。

利用者に対する課金・請求業務を誰がおこなうのか、EV充電スタンド、及び電気自動車の普及を妨げる要因の一つとなっていました

  

EV充電を管理できるシステム
「パ・チャ・ポ」を開発

さまざまな設置場所や利用状況にあわせて3つのタイプから選べる、EVワー・チャージ・イントシステム「パ・チャ・ポ」。
いま、パ・チャ・ポがEV充電の環境を、より便利で快適なものへと変えていきます。

フェリカで
充電スタンドとサーバーが通信をおこない、専用カードや既存のフェリカカード、携帯電話などで認証・課金をおこなう「フェリカ」タイプ。

クレジットで
設置者による課金・請求の手間を省き、より安全に運用ができる「クレジット」タイプ。クレジットカードブランドも5種類に対応。

コインで
幅広いユーザーが、コインパーキングのように手軽に利用できる「コイン」タイプ。投入した金額に合わせて、充電する時間を管理。

パ・チャ・ポで変わる・ひろがる
EV充電の考え方

さまざまな設置場所や利用状況にあわせて3つのタイプから選べる、EVワー・チャージ・イントシステム「パ・チャ・ポ」。
いま、パ・チャ・ポがEV充電の環境を、より便利で快適なものへと変えていきます。

集合住宅に設置する場合利用者のみに課金

利用者を特定・認証してから充電を開始するので、他の住民への費用負担が回避できます。

公共施設に設置する場合安心のセキュリティ

不正利用や盗電を防止。メールで使用状況を確認できるなど、より高いセキュリティで運用できます。

商業施設・店舗に設置する場合販売促進に活用

既存の会員カードと連携し、利用時にポイント進呈や広告配信などの販促策として活用できます。

より便利で快適なEV充電環境の創造により、
パ・チャ・ポは電気自動車のさらなる普及へ貢献します。

「パ・チャ・ポ」の納入事例はこちら

「納入事例」を見る

2013年 4月 2日
クレジットパ・チャ・ポ、フェリカパ・チャ・ポが次世代自動車振興センター様より「クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金」の対象製品として認可されました。
2013年 4月11日
パ・チャ・ポのニュースリリースを更新しました、こちらをご覧下さい。