先輩社員に聞く! 電設事業部 電設営業部 電設第三営業所 早﨑 康祐(2005年入社) 制御事業部 制御第一営業部 FA第3営業所 鳥澤 清司(2006年入社) 広域住環境事業部 ハウジング営業部 西日本住宅特需営業所 堀家 太一(2007年入社)

―― どんな職場環境ですか?

早崎:先輩も後輩も言いたいことを言い合える職場じゃないかなと思いますよ。
仕事をしていく上で、そういう環境はすごく大切ですね。
堀家:そうですね。良い意味で気を遣わないというか……ムダな気遣いは必要なく、一緒に働けています。もちろん、社会人としてのマナーはわきまえてのことですけど。
鳥澤:そう、上司と気兼ねなく話し合える、そんな職場ですよね。何かあったら、上司からでも部下からでも飲みに誘って、とことん話し合うこともあったり。そんな風に、仕事のストレスは仕事で解消できる環境になっているなって思います。
早﨑・堀家:良いこと言ったね。まさにその通り!

―― 仕事のやりがいは何ですか?

早崎:商業施設や高層マンションなど、関わった現場が形になって見えることですかね。それと、私の部署で扱ったことのある案件で、遅くまで稼働していた現場があって大変なこともあったのですが、お客様からの難しいご要望にもシッカリ対応していくことで、お客様に満足していただけるところも嬉しいです。
鳥澤:私も、1日5回もお客様のところに通って大きな案件が取れたことがありましたよ。「あなただから発注する」って言っていただけました。努力が必要な仕事は大変だけど、成功した時の喜びも本当に大きい。
堀家:やはり商社なので、お客様との関係が一番大事ですよね。私にも、気軽に一緒に飲みに行っていただけるお客様がいます。こういうお付き合いは、営業としての醍醐味ですね。

―― 転勤・異動はありますか?

堀家:転勤は稀ですよね。
早崎:確かにあまりないですが、会社として首都圏を中心に市場を拡大しているので、東京方面への転勤は昔に比べて増えているんじゃないですかね?
鳥澤:転勤といっても都市部が中心なので、機会があれば頑張れる人が多いと思いますよ。

―― 休日・勤務時間について
教えてください

堀家:私は、休日はカラオケやゴルフと、とにかく外に出て体を動かしたり、リフレッシュするようにしています。皆さんどうですか?
鳥澤:週末だけじゃなく、お盆や年末年始のまとまった休みも含めて、休日はしっかりと取っていますね。みんな休日をうまく使って、上手にON・OFFを切り替えている気がします。
早崎:それと最近会社として、勤務時間を減らしていこうという流れになって、平日の私生活にも余裕が出るようになりました。出社は遅く、退社は早く。その分、より集中して仕事するようになってきています。

―― 会社の制度はどんなものが
ありますか?

早崎:研修を充実させていこうという流れになっていますね。私も先日、中堅社員向けの与信管理セミナーに参加したばかりです。
鳥澤:私の部署では、会社の研修に加え、メーカーが開催するセミナーに参加しています。これらをうまく活用することで、自分がレベルアップできる環境になっているかも。
堀家:福利厚生もけっこうありますよね。英会話スクールの割引やディズニーランドのチケットが安く買えたりしますし。
早崎:私は保養所を良く使いますね。毎年、部署の仲間と新潟までスキーやスノーボードに行っています。

―― 福西電機だからできることってありますか

堀家:色々なモノを提案・販売できることですかね。
取り扱う商品や仕入れ先の幅の広さは本当に強いと思いますよ。
鳥澤:確かに、一つの商品だけを売る、ということはなくて、一つ売れるとその周囲の商品もメーカー問わず売れますね。その中で営業としては、社内のSEや仕入先様との太いパイプを活用して、お客様に最適な提案ができるようにしています。その提案力も強みではないでしょうか。
早崎:そうですね。単純に「仕入れて売る」だけじゃないのが、他社との違いです。SEがいることで、システムを組み合わせるなどより幅広い提案ができる、と言うのは大きな強みになっていると思います。

―― 福西電機が向かうのはどんな未来ですか?
また、そこに携わる新入社員に求めることは何ですか?

鳥澤:大変な時代ですけど、他社に真似できない分野をおし進めていくことが大事ですよね。だから何事にも恐れずチャレンジできる人材が必要だと思っています。今だからこそ「勢い」が大事なんじゃないでしょうか。
早崎:先ほど話した通り、単純に「仕入れて売る」だけじゃないのが福西電機の強みです。「パ・チャ・ポ」やスマートグリッド関連などの新規事業に挑戦していますが、夢を描ける人、一緒に新しい未来へ向けて努力できる人にぜひ入社してほしいですね。
堀家:新しい事業展開を進めていくには、部署の垣根を越え、いま以上に総力を上げて取り組むことが必要だと思っています。周囲をよく見て行動できる人、仲間と一緒に努力できる人。ぜひ、私たちと一緒に新しい福西電機を作っていく力になっていただきたいです。

福西電機Q&Aに戻る