福西流 元気のモト

サーフィンでも仕事でも、ビッグウェーブに挑戦

工場などの生産現場で使用される制御機器を担当しています。
子どもの頃から楽しんでいたサーフィンを再び始めたのは、入社2年目。いろいろと仕事を任されはじめた時期でした。仕事がスムーズに進まず、時間に追われてツライときもありましたが、上司からの期待の言葉をかけられ一念発起。休日のサーフィンで、オンとオフもうまく切り替えられるようになり、「もっと頑張りたい」と前向きに仕事に取り組むようになりました。今では周囲の様子を見て、自分から率先して営業所会議の開催を提案するなど、余裕をもって業務にあたることができています。
サーフィンは良い波を待って、来たらそこに向かって泳いでいくわけですが、仕事も同じ。ビッグウェーブを掴めるよう挑戦し続け、期待に応えたいです。

自分も周囲も、笑顔になれるサンバ

営業事務、経理を経て、現在は経費精算を担当しています。
仕事以外でも一生懸命になれるものが欲しいと、サンバを始めたのは仕事に余裕が出てきた入社3年目。アップテンポな音楽にあわせて踊ると、業務中とはまた別の自分が表現できて、オン・オフの切り替えができるようになりました。以来、有名芸能人のコンサートへの出演や、関西のチームとしては初の浅草のサンバカーニバル出場など、さまざまなイベントに参加することができました。サンバの魅力は周囲を笑顔にできること。福西電機では「頑張ろう会」という社内の一大イベントがあるのですが、サンバチームの一員として出演し、皆さんに喜んでいただくことができました。本場ブラジルのカーニバルを体験するための長期休暇を認めてくれた会社にも感謝しています。

人に恵まれた職場で、日々成長

関西第一支店 市販電材第一営業部 大阪東営業所

中西 沙智

営業所にて、経理/受発注/伝票発行などの業務を担当しています。
まだ2年目ということもあり、覚えることはまだまだ多いのですが、充実した毎日を送っています。これまで2カ所の営業所に配属されましたが、どちらの職場でも人に恵まれていました。優しい先輩ばかりですし、わからないことがあればすぐにサポートしてもらえます。自分でも日々の成長を実感していますが、早く先輩たちのように仕事ができるようになりたいですね。
オフは、友人とショッピングに行ったり食事を楽しんだり、学生時代と変わらない過ごし方をしています。その中で友人たちとお互いの仕事の話をすることも多いですが、いろいろ話を聞いていると、福西電機で働く自分は「やっぱり人に恵まれているな」と思います。

昔のチームメイトと、今は仕事で切磋琢磨

学生時代に野球をやっていたこともあり、現在も当時のチームメイトと草野球を楽しんでいます。社会人ということで、一緒に飲みに行く機会も増えました。話題はやはり仕事について。別業界であっても、同じ営業として頑張っている人の話は、勉強になりますね。毎日厳しい練習を共にしたり、試合に負けて一緒に泣いたりした友人たちとだからこそ、成功した話だけじゃなくて、かっこ悪い失敗談も話し合えます。でも逆に、まだまだ自分の営業スタイルを模索している自分にとっては、そういう話がすごく参考になる。仕事が大変なときもありますが「あいつも頑張っているんだから、俺も!」と励みにしています。自分で案件を形にできるやりがいのある仕事だからこそ、次は大きな案件を取って、友人たちに自慢したいですね。

職場間の交流も多い福西電機

関西第二支店 電設第二営業部 電設第二営業所 課長

斉藤 雅貴

                        

福西電機は、部署間や上司・部下がとても仲の良い職場。だから、自然と勤務後も皆で集まって出かける機会が多くなります。私たち夫婦も仕事ではあまり接点のない部署にいましたが、そういった場で仲良くなり、周囲のサポートもあって結婚に至りました。結婚してからは、早く家に帰ろうと考えてしまうあまり、仕事後に飲みに行く機会は減りましたね。ただ、お互いが別々のお店で同僚と飲んでいて、二件目のお店行ったらバッタリ遭遇、なんてこともあります。こういったところは、仲が良い職場ならではかな?二人とも旅行が好きなので年に1回は海外へ行っていますが、そのための長期休暇も会社が同じだから無理せず取れるし、予定が立てやすい。日常は職場の仲間と、休暇は夫婦で旅行と、毎日充実しています。

「仕事+ダンス」の生活で変わった、仕事への思い

営業が取ってきた案件の注文書・見積書発行などのサポートをおこなっています。部署だけでなく、フロア内はみんな良い人ばかりなので毎日楽しく仕事できています。
以前は、仕事が終わったら帰宅して寝る、という生活だったのですが、「仕事だけでは駄目だよ」という上司の勧めもあって、ダンススクールに通い始めることに。睡眠時間はちょっと減りましたが、自分でもビックリするくらいリフレッシュできるようになりましたね。仕事も、これまで以上の業務量をこなせるようになりました。この春には、ホールを貸切ってのダンスイベントを企画・実行。自分にとっても大きなチャレンジになりましたし、100人ほどの参加者にもとても喜んでもらえました。仕事でも、いろんなことにどんどん挑戦していきたいです。

サーフィンで広がる職場での輪

西日本第二支店 特機第二営業部 電材第二営業所

槇 比呂人

業務は太陽光パネルや、エコキュートといった住宅関連商品を販売店様を中心に提案・販売しています。最近では地場の工務店様も担当するようになり、新しい案件に取り組んでいます。
オフでは、サーフィンに挑戦中。別部署の人がやっていることを聞きつけ、連れて行ってもらったのが始まりです。それ以来、海の虜になっていますね。波に乗るのも楽しいけれど、「海に行って過ごす」というその時間が好きなんです。たとえば、サーフィンをするには早朝がいいので、同僚数人と前の晩から海に向かい、仕事を含め色んな話で盛り上がりながら朝を待つ。そういう時間とかね。部署が違う人でも、仕事の話は普段の業務の参考になりますし、社内で頑張っている姿を見かけると、俺も負けられない、と励みになります。

仕事もプライベートも「楽しむ」方法

西日本第一支店 九州営業部 九州ソリューション課

亀山 公貴

メンテナンス業務を中心に、照明器具の省エネ提案などを担当しています。自分が出したプランに納得していただき、お客様のもとに導入できたときはとても嬉しいですし、毎日楽しく仕事できているな、と実感します。
休日も、春はお花見、夏はバーベキュー、秋は山登り、冬はショートスキーやスノーボードと、根っからのアウトドア派。職場の人を誘って、バーベキューパーティーを開催したこともあります。自分が中心となって企画・準備した場に、昔からの友人やその知人……とさまざまな人が参加してくれたときは本当にハッピー。仕事もプライベートも「周りに喜んでもらえるから自分も頑張れる」と思っています。大変なこともたくさんありますが、やはり何ごとも「楽しんでやる」のが一番大事ですよね。

俺流、サッカー健康法

西日本第一支店 業務部 営業内勤課

倉田 貴之

配線器具・ネットワーク関連機器や火災警報器などの防災機器を提案する部署で受発注管理や見積もりなどの業務を担当しています。
座りっぱなしのデスクワークなので「体を動かすことがしたい!」と思い、入社2年目にサッカーをはじめました。別部署の課長に「何かしたい」と相談したところ、誘われたのがきっかけ。未経験者なので、経験者相手だとまだまだ技術面では苦戦することも。でも今シーズンは初得点を決めることができました。良いボールが来たので、押し込むだけのゴールだったのですが……。サッカーをはじめてからは体調もとても良くなりました。サッカーと同じようにスピードが求められる業務なので健康もとても大事。良いクロスがあがると良いゴールが決められる、体調と仕事の関係も同じですね。

趣味は明日への活力

関西第二支店 電設第二営業部 電設第二営業所 係長

藤川 英司

どんな仕事でも、長年勤務していると、イヤでも壁にぶつかります。そんなときは、気分転換できる趣味を持っている人間がとても強いと思うんです。楽しい時間は明日への活力を与えてくれますからね。私は、会社でテニスと釣りのサークルに所属していて、テニスでは若い人たちとプレイする刺激を、釣りでは自然との対話を楽しんでいます。そして、もっとも力を注いでいる趣味は「コーラス」。入社7年目で仕事の壁にぶつかったのですが、コーラスに参加する楽しさで、乗り越えることができました。いまでは毎年恒例の社内行事「頑張ろう会」で、私の歌う「第九」と「誰も寝てはならぬ」が名物となっています。私の歌を聴いて、その場にいる人たちに笑顔になってもらえると、また仕事への励みになりますからね。

今、バスフィッシングにはまっています

関西第一支店 市販電材第三営業部 阪神営業所 

村田 耕作

福西に入社後、子供のころ好きだった釣りを再び始め、同僚たちとバスフィッシングの同好会を作りました。
現在、会員は10名、20代から40代と年代も幅広く、3月から11月にかけて月1回のペースで釣行しています。ただ釣りをするというのではなく、ゲームとして楽しむために、リーダーを持ち回りにし、釣った魚の大きさを競うミニトーナメントを行います。そこには白熱した戦いがあり、楽しい時間を過ごすことができます。また、職場では見られない違った一面を見ることができます。
同じ会社の中に、同じ趣味を持つ仲間ができたことは、とても心強く、仕事への励みにもつながります。次の釣行を考えると、今日も頑張ろうという意欲もわいてきます。