福西電機株式会社

TOA

システムマネージメントアンプ VM-2000シリーズ

VM-2120 / VM-2240 / RM-200MJ

  • 設備規模に合わせたシステム構築が可能なシステムマネージメントアンプ
  • 増設アンプを接続することにより、最大480W10回線に対応
  • BGMなどの個別放送時に回線ごとの音量調節が可能

設備規模に合わせたシステム構築が可能なシステムマネージメントアンプ

卓上型アンプでは、今までになかった、240W5回線タイプを今回新発売しました。増設アンプを組み合わせることで、最大480W10回線を実現できます。従来は480Wとなるとラック型アンプになっていましたが、容量が480Wまでで収まる中規模工場などでは、本システムマネージメントアンプで対応が可能です。また、回線毎に音量調節器をアンプに内蔵しており、回線毎で適切な音量で放送ができること、工場では要望の多い、停電時の放送も、別売の非常電源パネル(DC電源)を外付けすることで対応が可能です。

増設アンプを接続することにより、最大480W10回線に対応

メインアンプと増設アンプを組み合わせることで120W〜480Wの設備規模に合わせたシステム構築が可能です。

BGMなどの個別放送時に回線ごとの音量調節が可能

フロントボリュームで各回線の音量調整を行うことにより各フロア(回線)ごとに適切な音量を提供することができます。

カタログ ダウンロード

お問い合わせ
各種商品やソリューションについての詳細、
ご要望など、お気軽にご連絡ください。

※一部画像はイメージです。
※紹介している商品名/メーカー名/各種規格については、各社・団体の登録商標または商標です。

掲載日:2018年4月

関連市場

オフィス / ビル
工場
ホテル
公共 / インフラ