社員インタビュー

先輩やお客様に助けられている“今” を越えて
常にお役立ちできる営業マンへ。

近藤 貴彰

西日本支社 情報・防災営業所
2014年入社

説明会で感じた、採用担当者の親しみやすさ。
入社後も、そのイメージは変わらない。

もともとのきっかけは、参加した合同説明会で出会った採用担当者の印象が良かったことでした。パナソニック子会社というと敷居が高そうなイメージですが、逆に学生目線で話をしてくれて、働きやすそうな環境だなと感じ、エントリーすることにしました。面接も本当に話しやすく、自分のことや想いを出せたと思います。

入社して数年経った今でも、その印象は変わりません。周囲は優しい社員ばかりですし、経営理念にもあるように、社員やその家族の生活までにも配慮した環境づくりがされていると思います。

地図に残るような大きな仕事を目指して入社。
現実は甘くないという壁を越えて見えたもの。

入社時に思い描いていたのは「地図に残る仕事」をするということ。
でも最初の2年間担当となったのは、注文の処理や見積作成などの営業のサポート業務でした。小さなものから大規模なものまで、さまざまな案件が絶えず寄せられるので、限られた時間で事務作業をしていくのは、本当に大変でしたね。

現実は甘くないということを感じた2年間でもありましたが、効率性も考えながら、細かな部分まで大切にして仕事を進めるという経験は、今に確実につながっていると思います。

営業配属で芽生えた、“自分の” お客様という意識。
もっとお役に立てるように挑戦し続けたい。

そしてついに配属された営業の仕事。建物の情報・防災関連の機器を担当していますが、そこで感じたのは、仕事の重み。これまで電話やメール越しでしかわからなかったお客様の思いを肌で感じ、強い責任を感じています。と同時にお客様と接する楽しさもあり、お客様にはスタッフの一員として親しく接していただいています。

自分の担当した物件が、地図として残っていくことに喜びも感じていますが、まだまだ先輩やお客様に助けられることも多いので、さらに役に立てるように成長していきたいと思っています。

「やってみよう」から「やった!」までを 次はあなたと共に。

募集要項/選考の流れ(外部サイトへリンクします)