社員インタビュー

甘えや妥協をすて、新たなチャレンジ。
自分のスタイルを描きたい。

岡野 優菜

東日本支社 東日本産機第一営業所
2015年入社

希望が叶い内勤から営業に、
私のチャレンジはそこから始まる。

「とても風通しのよさそうな会社だな」が第一印象でした。会社説明会では、関西弁で気さくに接してくださる人事の担当者さんがとてもおおらかで、親しみを感じました。このような方々と一緒に仕事ができたらいいなと入社を希望しました。

実は、内勤で採用されたんですが、営業にとても興味があって、研修の際に希望を出し今の営業所に配属されたんです。わがままを聞いてくださった会社に感謝です。東京では初めての女性営業というプレッシャーもありましたが、私のチャレンジがスタートしました。

つまずいたり、へこんだりの連続。
希望を捨てずに、前へ進む。

私の部署は、工場を中心に、制御機器、産業機器、製品に組み込む機器などの販売をしてます。最初の年は、先輩の下でお手伝い。もちろん失敗もありました。仕入価格を誤ってお客様に伝えてしまったり、言葉使いでつまずいたことも。そんな時は、先輩のサポートで乗り切れました。

2年目には、お得意様の担当を任され営業としてスタート。結果は、目標達成に僅かに届かず悔しさと責任の重さを感じた1年でした。さらに、交渉力、提案力など自分の無力さも痛感しました。

チャンスを与えてくれる会社だから、
大好きな仕事を続けたい。

今年で3年目。営業目標も達成でき、お客様とも良い関係が築けたように思います。女性ということで、お客様はやさしく接してくださいますが、甘えを捨て営業としての力をつけることが課題です。

先輩からは、よく「先を読め」と言われます。競合他社に負けないために、お客様の動き、社会の動き、仕入先さんや商材をしっかり捉えることがとても重要。これからも日々勉強し、もっともっと頑張りたい。私、この仕事が大好きなんです。結婚しても、子供を産んでも続けて行きたい。福西電機は、人にやさしい、そして女性にもやさしい会社なんですから。

「やってみよう」から「やった!」までを 次はあなたと共に。

募集要項/選考の流れ(外部サイトへリンクします)